コツ

【コインパーキング】ぺーパードライバーさんにロック式駐車場の使い方を解説

ママさん
ママさん
コインパーキングにチャレンジしたいんです

せとぐる
せとぐる
これまでに駐車したことないんですよね?

ママさん
ママさん
停め方やお金の払い方が難しそうで使ったことがないんです

せとぐる
せとぐる
じゃあ ロック式のコインパーキングについてお話ししますね

ペーパードライバーからの脱出を応援している「せとぐる」です。

せとぐるはこんな人

トラックドライバー

コンビニ大好き

全国のコンビニに出没中

あなたは、コインパーキングに車を駐車できますか?

慣れてしまうと便利で使いやすいことが分かるんですが、誰でも初めての時はドキドキしますよね。

それは、コインパーキングの仕組みを知らないからです。

この記事では、コインパーキングの中でも「ロック式」と呼ばれれる仕組みの駐車場について解説します。

  • ロック式コインパーキングとは
  • ロック式コインパーキングの使い方
  • ロック式に上手く停めるコツ

などの疑問にお答えする記事構成になっていますので、よかったら最後まで読んでみてください。

最後まで読めば、ロック式コインパーキングへの苦手意識が少なくなるはずです。

ロック式コインパーキングとは?

コインパーキングのうち、駐車枠に車を停めたときロック装置が自動で作動して車を出られなくするのが、ロック式駐車場の特徴です。

ロック装置を細かく分けるとたくさんの種類になるでしょうが、よく見かけるものとして

  1. ロック板
  2. 昇降式
  3. 前置き式

の3種類があります。

それぞれのロック装置の特徴を簡単に紹介します。

ロック式の3種類

①ロック板

写真の黄緑色の板が上に起き上がることで、車が出られないようにします。

②昇降式

写真のように黒い板がせり上がり、車が出られないようにします。

③前置き式

写真の白枠の中に車が止まると、オレンジ色の金属枠が起き上がり車の前を「通せんぼ」します。

ロック式コインパーキングの特徴

設置箇所が多い

市街地でも郊外でも設置箇所が多く、全国どこででも見つけることができます。

ゲートがないから気軽

入り口にゲートがないので、気軽に利用できます。

停めるのにコツが必要

停め方・出し方・支払い方にコツが必要で、手順を知らない人にとってはハードルが高いかもしれません。

ロック式コインパーキングの使い方

車の停め方

初めて利用するときはドキドキするかもしれませんね。

無人なので停めていいのかどうか迷うかもしれませんが、枠が空いていたら遠慮せず駐車しましょう。

次の順番で停めていけばいいでしょう。

①安全な駐車枠を選ぶ

たくさんある駐車枠の中で、あなたにとって都合が良い枠はどこになるでしょうか?

赤の駐車枠は、バック駐車をするために進行方向を変えるスペースが少ないので、運転が苦手な人にお勧めできません。

黄色の枠は、一見停めやすそうに見えますが、入り口に近いせいで落ち着いて駐車するのが難しいです。

さらに、出入口が広くない場合は出庫が難しくなるので、あまりお勧めできません。

ということで、運転が苦手なペーパードライバーさんは、青色のゾーンにある駐車枠へ停めるようにしましょう。

②安全確認

駐車場では周囲の安全確認が欠かせません。

確認する場所は、これから駐車する枠と自分の車の周辺です。

特に車の後方は死角になるので、よく確認してください。

バックモニターを有効に活用しましょう。

車の死角については こちらから

③駐車はバックで行う

ロック式コインパーキングは、バック駐車が基本です。

その理由は、前進だとロック板を上手く乗り越えられないからです。

車は、曲がる際に内輪差が発生するので、狭い場所に入るときはバックの方が簡単なんですよ。

苦手なバック駐車を克服する方法は こちらから

④ハンドル操作

ロック式駐車場にバックで停めるときは、なるべくまっすぐ後退しましょう。

そのためには、できるだけ手前で車の向きを真っ直ぐにしておくことが大切です。

ハンドルを切りながら枠に向けて後退していると、ロック板の装置などに乗り上げる危険があるので注意しましょう。

バック駐車で失敗しがちなポイントは こちらから

⑤ロック板の確認

車を完全に停止できたら、車を降りてロック板を確認しましょう。

きちんとロック板が上がっていたら、駐車は完了です。

料金の支払い方

①精算機での支払い方を確認

ロック式コインパーキングの多くは、写真のような精算機が設置してあります。

精算機に支払いの手順が書いてあるので、手順に従って支払いを済ませましょう。

②駐車枠の番号を確認

コインパーキングの駐車枠には、個別の番号が付されています。

上の写真の場合、軽四用の枠で14番だと分かります。

この番号が清算のために必要な番号ですから、間違えないようにしましょう。

③料金を支払う

  1. 車室番号(枠番号)を入力
  2. 清算キーを押す
  3. 車室番号と料金を確認
  4. 料金を支払い
  5. ロック板が下がったことを確認

駐車料金の支払いはこれで終わりです。

車に乗り込み、出庫しましょう。

駐車場からの出方

注意が必要なのは出庫までの時間です。

ほとんどの駐車場では、支払いをしても出庫しなければ再びロック板が上がってしまいます。

その目安は約3分~5分。

慌てる必要はありません。落ち着いて、しかし速やかに出庫しましょう。

駐車場から安全に出るコツは こちらから

①ミラーを開く

出庫の際に、ミラーを開き忘れることがあります。

前進を始めてからミラーの開き忘れに気づくと、慌てますよ。

事故はこんな時に多いんです。

ミラーの開き忘れには、くれぐれもご注意ください。

②安全確認

乗車する前に車の周囲を確認する癖をつけておいてください。

猫ちゃんなら上手く逃げてくれると思いますが、子供が「かくれんぼ」していたら大変です。

③内輪差に注意して出る

ロック板を乗り越えるまでは車を真っ直ぐ前進させてください。

乗り越えてからハンドルを切っても十分曲がれるはずです。

内輪差に注意して、ロック装置に乗り上げないようにしましょう。

内輪差について知りたい人は こちらから

ロック式駐車場に上手く停めるコツ

ロック式駐車場がコンビニの駐車場より難しく感じる原因は、ロック板を乗り越えることにあります。

勢い余って飛び出すのが怖いし、恐れてばかりだとロック板を乗り越えられません。

ロック板を乗り越えるコツを、解説します。

ロック板をアクセル操作で乗り越える

後輪がロック板に触れたら、アクセルペダルを軽く踏み込みロック板に乗り上げましょう。

小さな山に乗り上げるような気持ちで、アクセルペダルを踏んでください。

アクセルを緩めるタイミング

後輪がロック板の頂上に乗り上げた瞬間を感じてください。

後輪がロック板の頂上に差し掛かったら、アクセルペダルの踏み込みを緩めましょう。

このタイミングが遅いと、車が勢いよく後退してしまいます。

右足をアクセルペダルからブレーキペダルに置き換える

後輪がロック板を乗り越えて下り始めるタイミングで、右足をアクセルペダルからブレーキペダルに置き換えましょう。

これが苦手な人は、アクセルとブレーキの踏みまちがいを起こします。

できるだけ素早く、確実に置き換えてください。

ブレーキのかけ方

後輪が完全にロック板を乗り越えて地面に降りたら、ブレーキペダルを踏み減速しましょう。

そして、後輪が車止めに当たる直前で車を停止させれば、あなたの駐車は100点です。

車に乗らずに駐車練習する方法は こちらから

まとめ

便利なコインパーキングも、ペーパードライバーの人にとってはハードルが高い施設です。

とくに、ロック式コインパーキングは、ついつい避けてきた駐車場なのではないでしょうか。

この記事では

  • ロック式コインパーキングとは?
  • ロック式コインパーキングの使い方
  • ロック式に上手く停めるコツ

について解説をしました。

ロック式コインパーキングを上手く使うコツは、ロック板の乗り越え方にあります。

ロック板を乗り越えるタイヤの位置に応じて、アクセルやブレーキを上手に操作しましょう。

最初は難しいですが、必ず慣れてきます。

ロック式コインパーキングを上手に使いこなせるようになると、あなたの行動範囲は格段に上がりますよ。

せとぐる
せとぐる
Twitter・Facebookでは最新の記事をお知らせしています。フォローしていただくと最新記事を見逃しませんよ。