コツ

【誤解です!】前向き駐車からバックで出るとき危険なのは内輪差じゃない

ママさん
ママさん

  • バック駐車は苦手です
  • でも前向き駐車だとバックで出るのが大変
  • バックで出るときも内輪差に注意するの?

前向き駐車を好む運転者がバックで出る際に、注意すべきところを「内輪差だ」と誤解して事故を起こすケースは少なくありません。

私は現役のトラックドライバーで年間約8万キロを走行していますが、今でも駐車は毎回緊張しますし、過去にドキッとした経験もあります。

せとぐる
せとぐる
「せとぐる」はこんな人

  • 現役トラックドライバー
  • 全国各地を走行中
  • 毎日のようにコンビニを利用している

この記事では、ペーパードライバーに誤解が多い「内輪差・外輪差」の特徴を説明し、バックで出るとき外輪差に注意すべき理由を解説しています。

この記事を読めば、「コンビニで推奨されている前向き駐車から安全にバックで出るための手順」が分かるようになります。

バックで出るときは外輪差に注意する

前向き駐車からバックで出るときに注意すべきなのは、外輪差です。

これまでに「車で曲がるときには内輪差に注意する」と聞いたことがあったでしょうが、それは前進するときのことであってバック(後退)するときではありません。

それでは、前進するときとバックするときで注意する場所が変わるのはなぜなんでしょうか。

内輪差と外輪差について説明しながら、解説します。

コンビニでおススメの駐車場所は こちらから

内輪差と外輪差

内輪差とは、車両がカーブを曲がる際に回転する中心側(内側)の前輪と後輪が描く円弧の半径差を言います。

いっぽう外輪差とは、 車両がカーブを曲がる際に回転する外側の前輪と後輪が描く円弧の半径差を言います。

例えば自動車が左カーブを曲がるとき、ハンドルの動きに連動した前輪は大きな円弧を描きながら進み、向きを変えない後輪は小さな円弧を描きながら進むのです。

内輪差と外輪差

コンビニでの前向き駐車は こちらから

外輪差に注意すべき理由

バックで出るとき外輪差に注意すべき理由は、前進とバックで曲がり方が違うからです。

進行方向を基準に考えてみましょう。

バックで曲がるときはおしりが振られるようなもの

車は、前輪が舵を切って曲がります。

しかしバックで曲がるときは、舵を切る前輪が進行方向に対して後ろ側にあるので、まるでおしりが振られているような感覚になります。

外輪差は前輪側で発生する

前進で曲がるときは、前輪が通ったあと後輪がその内側を通ろうとするので、内輪差に注意しないと巻き込み事故を起こしてしまします。

バックで曲がるときは、後輪が通ったあとを前輪が外側に膨らみながら通ろうとするので、外輪差に注意して曲がらないと車体前部を隣の車にぶつける恐れがあります。

この違いを知っていても、いつもの慣れから曲がり方を誤解してしまうことがあります。

バック出庫時は前輪側の安全確認がおろそかになる

前向き駐車からバックで出ようとすると、安全確認の頻度は進行方向である後方に偏りがちです。

しかし、バック出庫時は前輪側で外輪差が起きているので、進行方向とは逆の前輪側を強く意識して安全確認する必要があります。

ただでさえ安全確認が不足しがちな前輪側での外輪差に注意していないと、バック出庫を安全に行うことはできないでしょう。

バック出庫の手順

前進駐車からバックで出る方法を、順を追って説明します。

安全確認

動き出す前に周囲の安全確認をしましょう。

安全確認

降車⇒周囲を観察する

運転席⇒前後左右・通路の人や車

サイドミラー⇒タイヤの位置

ルームミラー⇒真後ろの安全

フットブレーキを踏む

全体の安全確認が終われば、右足でしっかりフットブレーキを踏みましょう。

踏みまちがいを防ぎたいなら、ブレーキペダルを見ながら踏むといいでしょう。

シフトレバーをバックに入れる

フットブレーキをしっかり踏んだまま、シフトレバーをバックに入れます。

アルファベットのRが、バックの位置になります。

パーキングブレーキを解除する

シフトレバーがバックに入ると、パネルのRが点灯し警告音がピーピーとなり始めます。

バックギアが入ったことを確認すれば、パーキングブレーキを解除します。

この時、フットブレーキを踏む足が弱いと車が動き始めるので注意してください。

フットブレーキをゆっくり解除する

それぞれの操作中に周囲の環境が変化しているかもしれませんから、改めて周囲の安全確認をしましょう。

安全確認ができれば、フットブレーキをゆっくり緩めて車を進行させましょう。

後輪が隣の車両のふちに到達するまでハンドルを切らない

隣に車や障害物があったとして、後輪がそれらの縁にまで到達すればそこからハンドルを切っても内側ならぶつかることはありません。

駐車枠からバックで出るときは、隣の車や障害物の縁を後輪が横並びになるまで、ハンドルを切らずまっすぐさがるといいでしょう。

ハンドルを切る

バック走行中進行方向に目を向けることは当然ですが、車体前方の安全確認も欠かせません。

前進駐車からバックで出るときにハンドルを切れば、前輪が舵を切り車体前方が大きく外側に振り出します。

車体前方で発生する外輪差に十分注意して、隣の車や障害物に車体をぶつけないよう気をつけましょう。

通路に出れば完全に停止する

車体が駐車場の通路まで完全に出ればいったん完全に停車しましょう。

周囲の安全が確認できれば、シフトレバーを「D:ドライブ」に入れて前進しましょう。

バック駐車のコツは こちらから

バック出庫のコツ

バック出庫をより確実に行うためのコツを、3つ紹介します。

バック出庫でアクセルを使わない

オートマチック車は、クリープ現象と言ってアクセルを踏まなくても前進・バックする機能があります。

駐車場からバックで出るとき、速い速度は必要あありません。

クリープ現象をうまく活用すれば、アクセルペダルを使わなくてもバック出庫が可能です。

右足はブレーキペダルから移動させない

右足はブレーキペダルから移動させないでください。

バック出庫でアクセルを踏む必要がないのですから、右足は常にブレークペダルの真上に置いておき、いつでもブレーキを踏めるようにしておきましょう。

不安な時は一時停止してでも安全確認する

バック出庫時は、進行方向となる車体後方や車体前方を頻繁に確認する必要があります。

あらゆる方向の安全確認をするために首や頭を振っても、時に間に合わず不安になるときがあるでしょう。

そんな時は一旦車を停止して、確実に周囲の安全を確認しましょう。

道路に出るコツは こちらから

まとめ

前進駐車からバックで出るときは外輪差に注意しましょう。

外輪差とは、 車両がカーブを曲がる際に回転する外側の前輪と後輪が描く円弧の半径差を言います。

外輪差に注意すべき理由は、前進とバックでは曲がり方が違うからです。

バック出庫時は進行方向と逆の前輪側で外輪差が発生しているにも関わらず、いつもの慣れからそれを誤解してしまい、前輪側の安全確認をおろそかにしてしまいがちです。

前進駐車からバックで出るときは、進行方向の安全確認も大事ですが、外輪差に注意して前輪外側の安全確認もしっかり行いましょう。

せとぐる
せとぐる
Twitter・Facebookでは最新の記事をお知らせしています。フォローしていただくと最新記事を見逃しませんよ。