コツ

【ペーパードライバー】苦手なバック駐車を克服する方法

ママさん
ママさん

  • 駐車苦手を克服したい!
  • バック駐車がとにかく苦手
  • 運転得意じゃないから練習する気になれない

苦手なバック駐車が克服できないために運転から遠ざかり、ペーパードライバーになってしまうケースは非常に多いです。

この記事では、バック駐車で「ぶつけやすいポイント3つ」と、「ポイントのチェック方法」について解説しています。

この記事を読みバック駐車ができるようになると、買い物やドライブがより一層楽しくなります。

せとぐる
せとぐる
「せとぐる」と言います。

私は現役のトラックドライバーで、全国各地を年間約8万キロメートル走行しています。

豊富な運転経験を活かし、「ペーパードライバーからの脱出を目指す人を応援するブログ」を運営しています。

せとぐる
せとぐる
「せとぐる」はこんな人

  • 現役トラックドライバー
  • 全国各地を走行
  • ペーパードライバーを勝手に応援中

※詳しいプロフィールです。

バック駐車の練習は右側から

バックで駐車するときに

  • 右に停めるか
  • 左に停めるか

意識している人は少ないと思います。

ペーパードライバーの方には、右が駐車の練習から始めることをお勧めします。

その理由は、運転席の窓を開けて直接確認しやすいのが、右後方だからです。

バック駐車で注意すべきポイント3か所

車をバック駐車させようとして壁や隣の車にぶつかる部分は

  1. 外側の前
  2. 外側の後ろ
  3. 内側の後ろ

の3か所です。

バックでは進行方向になる「後方」が危ないのは当然ですが、前方の外側もぶつける心配があります。

上図の場合、車両前部が左方に寄っていくことが分かるでしょうか?

バックしているときは進行方向にばかり目が行きがちですが、時々前を見るようにしましょう。

ママさん
ママさん
たしかにバックするときは後ろしか気にしてなかったですね

ぶつけやすいポイントのチェック方法

サイドミラーで後方確認

バック駐車時に危険なポイントをチェックするため、サイドミラーを効果的に活用しましょう。

ママさん
ママさん
車がどの方向に進んでるのか分かりません。

 

せとぐる
せとぐる
ミラーを使うとずいぶん楽になりますよ

 

サイドミラーを見ると、車のボディラインが見えます。

 

この状態でハンドルをまっすぐにしたままバックすると、ボディラインろ右側白線の間隔が変化することなく進みます。

サイドミラーの角度を変える

サイドミラーはスイッチで角度を変えることができます。

右側のミラーを下向きにすると、車の影が見え始めましたね。

この状態でバックすると、ハンドルを切るタイミングがつかみやすくなります。

駐車が終われば角度を元に戻しましょう。

左のミラーはこんな感じです。

バック駐車の手順

バック駐車の手順は次の通りです。

  1. 駐車スペースを確認する
  2. ハンドルを左に切って斜め45度に車を停める
  3. 内側の後輪の位置を確認しながらバックする
  4. ミラーで確認しながら駐車枠の真ん中に停める
  5. バックモニターを過信しない

①駐車スペースを確認する

 車を駐車する前に、これから自分が停める場所をよく確認しましょう。

②ハンドルを左に切って斜め45度に車を停める

 運転席が、駐車したい枠に差し掛かったら、ハンドルを左に切って車の頭を大きく左に向けましょう。

ハンドルを左に切って頭を左に向ける

③内側の後輪の位置を確認しながらバックする

 下の図のように止めれば、ミラーからのポイントが見えると思います。

(注)安全に気を付けて撮影しています。

ぶつからないための3つのポイントを時々見ながら、右のミラーでを狙ってバックさせ、車の右後ろがそこに差し掛かったら、ハンドルを右に切り枠の中に車を入れましょう。

④ミラーで確認しながら駐車枠の真ん中に停める

両サイドのミラーを見ながら

白線とボディの間隔

が、右と左で同じくらいになると駐車枠の中央に入ることができています。 

左側を直接撮影しています。(ミラー映像じゃないよ!)
右側を直接撮影しています。(ミラー映像じゃないよ!)

⑤バックモニターを過信しない

バックモニターが付いている人は、後ろの様子が分かるので駐車しやすいと思います。

ただ、バックモニターにも死角があるので過信は禁物です。

写真のようにカメラはボディの最後尾についていますが、タイヤの位置はもう少し前です。

その間はカメラでとらえきれず、死角になります。 

 

まとめ

 バック駐車は難しく考えるととことん難しいです。

先に書きました

  1. 駐車スペースを確認する
  2. ハンドルを左に切って斜め45度に車を停める
  3. 内側の後輪の位置を確認しながらバックする
  4. ミラーで確認しながら駐車枠の真ん中に停める
  5. バックモニターを過信しない

などを頭に入れて、安全な場所で繰り返し練習してください。

バック駐車ができるようになれば、

  • スーパー
  • コンビニ
  • レストラン
  • 幼稚園

などでの駐車が容易になります。

苦手なバック駐車を克服して、お気に入りの場所に行きましょう。

せとぐる
せとぐる
Twitter・Facebookでは最新の記事をお知らせしています。フォローしていただくと最新記事を見逃しませんよ。

ペーパードライバー脱出宣言! - にほんブログ村