コツ

「かくれんぼ」で車の死角を見える化しよう

ママさん
ママさん
運転席に座っただけですごく不安になるんです

 

せとぐる
せとぐる
周りが見えないからじゃないですか?

 

ママさん
ママさん
窓があるから周りは見えてますよ

 

せとぐる
せとぐる
見えているようで見えていない「死角」があるのを知っていますか?

 

ママさん
ママさん
死角?

ペーパードライバーからの脱出を勝手に応援している「せとぐる」です。

運転が苦手な人は、運転席に座っただけで不安を感じてしまいます。

理由はよく分からないけど、なんだかすごく孤独を感じるというか、漠然とした不安を。

実はその不安、車に存在する死角が原因かもしれません。

死角とは、角度などの理由から見えなくなる範囲のことを言います。

この記事を書いた人は こちらから

ママさん
ママさん
見えないから不安なんですね

 

せとぐる
せとぐる
じゃあ見えない死角を見える化しましょう

そんな不安を持っているママさんに、お子さんとできる簡単なゲームをお勧めします。

ただ最初に一つだけ約束してほしいんですけど、このゲームをやった後に

ママ以外の人とは絶対にやらない

よう、お子さんに伝えてほしいんです。

その理由は、最後まで読んでいただくと、きっと分かります。

ママと車でかくれんぼ

ママさんとお子さんに楽しんでほしいゲームは

かくれんぼ

です。

鬼はママさん!いや、けっして鬼ばばあってことではありません。

かくれんぼの仕方
  1. 周りに車がないできるだけ広い場所に車を停める
  2. ママさん鬼は運転席に座る
  3. お子さんは車の周りで鬼に見つからないように隠れる

やり方は以上です。ママさん鬼は、お子さんを見つけられますか?

車の死角

車の運転席からは

  • 後ろ

と、ほぼ360度を見ることができます。

それは、窓ガラスがあるからですね。

しかし本当に、360度のほとんどを見渡せているんでしょうか。

「かくれんぼ」をしてみると、見えてるはずの前方後方で、お子さんが隠れることができるのに気が付いたと思います。

イマドキのママさんは、

  • 軽四乗用車
  • コンパクトカー

に乗っている人が多いですが、中には

  • ミニバン

を運転している人もいます。

これらのほとんどの車には、ボンネットがあります。

そして、ボンネットの前は、運転席からは見えない死角です。

小さなお子さんが車の前で、道路に絵をかいていたとしたらどうですか?

想像するだけで、背筋がザワっとしますね。

お子さんに伝えて欲しいこと

かくれんぼのときにママさんからお子さんが見えなかった場合、お子さんからも運転席のママさんが見えていません。

ですから、

車の近くでは運転席の人の目を見る

ように伝えてください。

運転席の人の目が見えない場所に決してとどまらないよう、よく言って聞かせてください。

ママさんに気を付けてほしいこと

かくれんぼをしてみると、本当に

そんなところに隠れられるんだ!

と驚くと思います。

車の死角は、私たちが想像する以上に広いです。

車に乗り込むまでに、車の周りを確認しておきましょう。

運転席のドアを開ける前に、車の後ろを確認し助手席側を回って車の前を通って元に戻ると、360度の安全確認ができます。

  • 幼稚園の駐車場
  • コンビニの駐車場
  • スーパーの駐車場

などでは特に注意が必要です。

車を発進させる前に、周囲の確認をしてから車に乗り込みましょう。

コンビニで安全に停められる駐車場所は こちらから

まとめ

運転席で感じる不安の一つは、死角です。

死角は想像以上に広いです。

お子さんと「かくれんぼ」をすることで、ママさんもお子さんも同時に死角の広さを知ることができます。

簡単にできるので一度試してみてはどうでしょうか。

最初に言ったように

「ママさん」以外の人とはこの「かくれんぼ」を絶対にやらないよう、お子さんと約束しください。

お子さんの命を守るために考えたゲームで、かえって命を失うことがあってはいけませんので、よろしくお願いします。

せとぐる
せとぐる
Twitter・Facebookでは最新の記事をお知らせしています。フォローしていただくと最新記事を見逃しませんよ。