コツ

初心者が左バック駐車に挑戦 失敗しがちなポイント

せとぐる
せとぐる
初心者の人が左バックに挑戦しましたよ

 

ママさん
ママさん
初心者さんが?上手くできました?

 

せとぐる
せとぐる
やっぱり 最初は失敗してましたね

ペーパードライバーからの脱出を勝手に応援している「せとぐる」です。

「せとぐる」の知り合いに、去年運転免許を取った初心者さんがいます。

まだ車をもっておらず、普段運転をする機会がない人なので、一緒に練習をすることにしました。

本人が、左バックでの駐車に挑戦したので、その時の様子をお話しします。

この記事を書いた人は こちらから

バック駐車のおさらい「3か所のポイント」

まずは、別の記事に記載している、バック駐車のおさらいをしましょう。

車をバック駐車させようとして壁や隣の車にぶつかる部分は

  • 外側の前
  • 外側の後ろ
  • 内側の後ろ

の3か所です。

バックしようとするのですから、後ろが危ないのは当然ですが、前の外側もぶつける心配があります。

右バック

上の絵の場合、車の前の部分は左に寄っていくことが分かりますか?

バックしているときは進行方向にばかり目が行きがちですが、時々前を見るようにしましょう。

苦手なバック駐車を克服する方法は こちらから

左バックのポイント

練習前に「せとぐる」からは、次のような手順だけを説明し、駐車してもらいました。

① 入りたい駐車枠を確認します   「何もいないOK」

② 右に車の頭を振ります    「よいしょっと」

③ 周りの安全を確認します   「何もいないOK」

④ サイドミラーでボディの延長線を枠の角に合わせます

⑤ 後輪がポイントまで近づけばハンドルを左に切ります

⑥ 車を枠の中にバックで入れます

どうしても枠に入れない

本人がバック駐車をしている最中には、「せとぐる」から一切アドバイスをしていません。

周囲に危険がないかだけを見てあげて、駐車自体は本人に考えながらやってもらっています。

すると、途中までは上手くいってたのですが、最後にどうしても枠からはみ出してしまいます。

もちろん本人はあちらこちら見ながら、一生懸命にバックしているので、どうして枠から出ていくのか理解できないようです。

それでは、この時の左バックのポイントを挙げてみましょう

ここを失敗したよ

最初に左に寄せすぎた

左に寄せすぎると、車の頭を右に振るときに、左の車に近づきすぎてしまいます。

70センチから1メートルくらいで十分です。

右に振る角度が浅かった

角度がなくても入ることはできますが、充分に角度をつけることで、より楽に駐車ができるようになります。

例えば、曲がりながらバックするより真っ直ぐバックする方が楽でしょ。

角度をつけるのは、そういうことです。

下がるときに左右の枠を見失った

駐車枠左側の線は、ミラーで確認できますが、右側の線は車の後ろにあるので、なかなか見ることができません。

写真の場合、完全に右の線を見失っています。ポールがなくて良かったですね。

バックモニターがあれば確認が容易に成りますが、ない場合はしばらく右側の線の存在を無視して、左側の線から離れないことに注意力を注ぎましょう。やがて右のミラーで見えることが出てきますから。

後方の安全確認が必要なのは、ずっと変わりません。

逆の手順で練習する

駐車枠に車を止めている状態から、左前に車を出してみると、本来バックで走りたい理想の進路を再現できますよ。逆再生みたいな感じで面白いです。

ペーパードライバーからの脱出するための練習方法は こちらから

まとめ

  1. 駐車する場所の安全確認
  2. 車を停める位置と角度
  3. ハンドルを切るタイミング
  4. 左に寄せすぎない
  5. 車の頭を十分右に振る
  6. 駐車枠を見失わない

などを頭に入れて、安全な場所で繰り返し練習してください。

駐車の仕方はこれで万全・・・・・・なわけではありません。

駐車場所によってその方法もいろいろです。

逆に言えば、どのような方法でやっても安全に駐車できれば、それで正解です。

車の動き方を知り、危険なポイントを知れば、あとは応用しながら自分に合った駐車方法を見つけられます。

安全に練習できる場所を探し、安全を確認してくれる協力者を見つけたら、何度でも練習しましょう。

せとぐる
せとぐる
Twitter・Facebookでは最新の記事をお知らせしています。フォローしていただくと最新記事を見逃しませんよ。