コツ

初めての雪道でも安全運転できるコツ

ママさん
ママさん
今週実家まで運転するんですけど 雪が降るらしいんです

 

せとぐる
せとぐる
これまでに雪道を走ったことはあるんですか?

 

ママさん
ママさん
これまで一度もないから不安でしょうがないです

 

せとぐる
せとぐる
じゃあ少しでも不安がなくなるよう 雪道での走り方をお話ししますね

ペーパードライバーからの脱出を応援している「せとぐる」です。

冬になると雪道走行が心配ですね。初心者の方やペーパードライバーの方ならなおされでしょうが、雪道はベテランドライバーでも不安は一緒です。

できれば避けたい雪道ですが、どうしても走らなければいけない状況もあるでしょう。

より安全に、より快適に雪道を走るコツをあなたにお話しします。

この記事を書いた人は こちらから

雪道は事前の準備が9割

雪道に対して漠然と心配するのではなく、具体的な心配事を抽出してみましょう。

そうして、あらかじめそれらに対して、出発までに備えておきましょう。

事前の準備で、あなたの心配も9割なくなること間違いなしです。

冬用タイヤを装着しましょう

冬用タイヤに交換するのは、雪が降る前にすましておきましょう。

12月に入れば、全国のタイヤ専門店でタイヤ交換が行われます。お店が込み合うことが増えますから、早めに準備しましょうね。

急な準備なら、タイヤチェーンだけでも購入しておきましょう。

スタッドレスタイヤに交換する時期は こちらから

安全なルートを選びましょう

目的地に行くルートは一つだけですか?

いくつかルートを選べるなら、雪の降る確率が少ないルートを選びたいですね。一般的には

  • 北よりも南
  • 山よりも平地
  • 日本海側よりも太平洋側

を走るほうが雪の影響を受けることは少ないでしょう。

高速道路の場合、

関ケ原

付近は意外と豪雪地域なので、気を付けてください。

当日の天候を確認しましょう

テレビでもラジオでも気象情報を得られます。

しかも今ならスマホを使い「いつでも」「どこでも」気象情報を得ることができます。

今いる場所だけではなく、

  • これから通る地域
  • これから通る時間

で情報を取りましょう。

ガソリンは必ず満タンにしましょう

もしものときにのエネルギーは車のガソリンです。

出発前には必ず満タンにしておきましょう。

食料スマホの予備バッテリーまで準備すると、さらに安心です。

雪道での走り方

自然現象を前にすれば、人がやれることはわずかなことでしかありません。

運転技術で雪道を抜けられるほど簡単なものではないですが、わざわざ危険な運転だけはしたくありませんね。

ぜひ実践してほしいコツです。

車間距離を十分にとりましょう

想像の通り雪道では

  • 曲がらない
  • 登らない
  • 止まらない

ことがたくさんあります。前の車にぶつからないためには、前の車との距離を空けることにつきます。

普段前の車と

3秒くらい

距離を空けているなら、雪の上では倍の

6秒くらい

空けておいても、やりすぎではないでしょう。

安全な車間距離の目安は こちらから

速度は控えめに走りましょう

雪道での速度を言葉で提示するのはかえって危険です。ですから、何キロで走ればよいかはお話しできません。

少なくとも普段よりも十分控えめな速度で走り、危険を予測できるときは

すぐに停まれる

速度で走ることが重要です。

「急」の付く運転はやめましょう

  • 急ブレーキ
  • 急加速
  • 急ハンドル

は、どれも雪道では危険な運転といわれています。

車が道路と接しているのは、

4本のタイヤ

ですよね。

タイヤ一本が地面に接しているのは

ハガキ一枚程度

だそうです。

ハガキ4枚分の面積であなたの車を支えているんですから、急な操作をすると滑るのは当たり前です。

雪の上でハガキ4枚分

だということを常に意識して、ゆっくり操作しましょう。

ライトを効果的に使いましょう

雪が降り続けている状況だと、視界も不十分になります。

相手の車に気づくのが遅れて危険になりますし、自分の車も気づいてもらえなくなります。

ヘッドライトやフォグランプを点灯して、自分の存在を周囲に知らせましょう。

徐行してる場合は、ハザードを点滅することも考えておいてください。

早めのライト点灯を勧める理由は こちらから

雪道で危険なポイント

雪道を走行していると、突然雪が深くなったり、雪が少なく見えても路面が凍っていたりと、道路の危険性は道路環境で大きく変わります。

道路上での危険ポイントには、どんな特徴があるんでしょうか。

「わだち」も時として危険

雪道では

轍(わだち)

を走ったほうが安全です。

すでに走った人がいるルートは、安全に走れることが保養されたようなものだからです。

むやみに新雪の中タイヤを入れて、溝にタイヤを落とす心配が減ります。

ただし、何台もの車が踏み固めた轍がアイスバーンになっていることもあるので、ブレーキ操作には十分気を使ってください。

交差点はアイスバーンとレールに注意

交差点は、轍の交差点でもあります。

まるで鉄道のレールのようになっているので、轍を踏み外すと変な挙動をすくことがあります。

交差点の中でタイヤがスリップして立ち往生することも、決して少なくはないのです。

登り坂と下り坂

上り坂で停止すると、再び発信するのが大変です。タイヤが空転し、思いもしない方向にスリップしていくことがあります。

スリップし始めたらパニックにならず、むしろ柔らかな運転操作を心がけてください。

下り坂ではフットブレーキはスリップのもとです。アクセル操作で速度を調整しましょう。

見落としがちな橋の上

川を渡る橋の上や、高架橋雪が積もりやすい場所です。

それまで雪が少なくても、橋の上には雪がたくさん残っていたり、時には凍っています。十分速度を落として通過しましょう。

「トンネルを抜けると雪国だった」

文学の話ではなくて、実際の話です。

トンネルは山や峠にあるのが多いですね。そんな場所のトンネル手前と向こうでは気象環境が全く違うのです。

トンネルを出た途端、道路に多くの雪を見つけると驚きますよね。

慌てて急ブレーキを踏むと、スピンする危険性がありますから、あらかじめ速度を落としておきましょう。

フットブレーキよりも、アクセル操作で速度を調整すると、スリップする危険性が減りますよ。

もしものとき

考えたくはありませんが、もしもに備えることも大切です。

無理をせず安全な場所に停車しましょう

走り続けるのが難しいと思ったら、道路わきの広いスペースを見つけて停車しましょう。

車道に立ち止まるとあなたが危険なだけでなく、後ろに続く車が立ち止まることになるので、下手すると命の危険にかかわります。

無理せず安全な場所に停しましょう。

立ち往生したときは周囲の人と団結しましょう

もしも立ち往生したら

周囲の人に声をかけ

応援を頼みましょう。

自分一人でできることはほんのわずかでも、大勢いれば何とかなります。

知恵も道具も多いに越したことはありません。

運転がコミュニケーションたる所以は、ここでも同じです。

スマホがあればなんとかなる

スマホは絶対に持っておきましょう。

運転中のスマホを推奨する話ではありませんよ。

スマホは

  • 通話
  • 気象情報の入手
  • 交通情報の入手
  • SNSでの情報入手
  • 灯火具

など、あなたを助けてくれます。

また、長い時間とどまることになっても、

動画などのエンターテイメント

を使用することで、気持ちを楽にしてくれます。

非常時のスマホを侮ることなかれ。

まとめ

ママさん
ママさん
事前の準備が大切なんですね

大変に心配をあおる内容になっているかもしれません。

でも、

備えあれば憂いなし

です。

  1. 雪道に行く前に十分準備する
  2. 雪道ならではの運転操作を知っておく
  3. 雪道での危険なポイントを知っておく
  4. もしものときの対処方を考えておく

「彼を知り己を知れば百戦殆うからず」

の言葉にならい、事前の準備をしておきましょう。

雪道はキレイですよ!

せとぐる
せとぐる
Twitter・Facebookでは最新の記事をお知らせしています。フォローしていただくと最新記事を見逃しませんよ。