操作する

ペーパードライバーが【正しい左折方法】を身につけるためのポイント

ママさん
ママさん
交差点を左折する方法を教えてくれませんか?

 

せとぐる
せとぐる
わかりました 基本的な左折の方法を教えますね

ペーパードライバーからの脱出を応援している「せとぐる」です。

交差点の左折は、教習所でも初期に教わることですから、いまさら教わることでもないですよね。

でも、実際には左折時の事故は多いんです。

苦手な運転行為

  • 駐車
  • バック
  • 幅寄せ
  • 合流
  • 車線変更
  • 右・左折
  • すれ違い

左折の方法は誰でも知っているはずですが、事故が起こってしまうのは何故なんでしょうか?

それは

  • 正しい左折方法を知らない
  • 正しい左折方法を実践していない

からでしょう。

正しい左折方法を知り、それを実践するヒントについてお話しします。

正しい左折方法(左折手順)

「交差点を左折する」と言っても、交差点は千差万別ありその方法はそれぞれです。

でも、基本的な交差点の「正しい左折方法」を知っておく必要があります。

① 後方確認し減速

まずは後方確認です。

サイドミラー、ルームミラーで後方から近づいてくる車がいないかよく確認しましょう。

ゆっくり減速すれば、後続車はあなたが左折することを予測しやすくなります。

② 左合図し進路変更

車線中央を走行しているあなたは、左折のために道路左側に進路変更する必要があります。

左後方の安全を確認したら左にウィンカーを出し、3秒経過してゆっくり左に進路変更しましょう。

③ 左折30m手前で左合図

左折を開始する30m手前で左折の合図を出します。

左のウィンカーを点滅させましょう。

左後方の安全確認もお忘れなく。

④ 内輪差に注意して左折

左折のときはゆっくり走行し、安全確認を欠かさないようにしましょう。

特に左後方の安全確認は大切です。

車の内輪差に気を付けながら、道路の端に左後輪を添わせるように走行しましょう。

⑤ 左折終わりでゆっくり加速

交差点を左折したら、ハンドルを戻しながらゆっくりアクセルを踏み加速しましょう。

左折時に起こしやすい事故

どうして先ほどお話ししたような方法で左折する必要があるのでしょうか?

それは、左折には次のような危険性が潜んでいるからです。

㋐ 後続車からの追突

左折の合図を出さないまま曲がろうとする人が、追突事故の被害にあうことが多いです。

後方確認・ゆっくり減速(ブレーキランプ)・左ウィンカーで、追突事故被害のリスクが減ります。

㋑ 左を並走するバイク・自転車との接触

進路変更をするときは、並走する二輪車がいないことをよく確認しておきましょう。

そうして、車を左に寄せることで、その後二輪車が左側方に入ってくるのを防ぎましょう。

㋒ 左折時の巻き込み

左折のときは絶えず周りの安全確認をする必要があります。

特に左側の内輪差に気を付けて、巻き込み事故を起こさないようにしましょう。

㋓ 左折後半の横断歩行者・自転車との衝突

左折して新たな道路に入ると、横断歩行者や自転車が通行していることがあります。

特に気を付けたいのは、右側からやってくる自転車です。

左折時に左巻き込みに注意していると、右側の確認が不足がちになります。

㋔ 左折後の対向車との衝突

左折後、直進するときにはゆっくり加速を始めましょう。

完全に直進状態になる前に急加速をすると、車両が大きく外側に膨らみ、対向車に衝突することがあります。

正しい左折を【身につける】ポイント

ここまで書いたことは基本的なことで、すでに知っていることばかりだったことでしょう。

本当に肝心なのはこの先のお話で、せっかく知った「正しい左折方法」を、どうやって自分の技術として定着させることができるのかというお話です。

正しい左折を【身につける】ポイントをお話しします。

正しい左折方法を知る

繰り返し言いますが、「正しい左折方法」を知ることから始めましょう。

正しい左折方法は先ほど説明しましたので、もう大丈夫ですね。

ママさん
ママさん
交差点は同じじゃないので いつも同じようには曲がれないんじゃないですか?

その通りです。

でも、基本的な手順を一つ持っておかないと、様々な交差点に対して応用がききません。

習慣化するまで意識して実践する

何事も同じだと思いますが、正しい手順を知っていても、それを習慣化できなくては再現性がありません。

そのためには繰り返し練習するのが望ましいですが、決して「教習所に行きなさい」ということではありません。

日々の運転中に、「正しい左折方法」を思い出しそれを、『意識して』実践することを繰り返してほしいのです。

毎日の運転を漫然とこなすのではなく、正しい方法・正しい手順を意識して実行して、『無意識でも』やれるようになってほしいのです。

いいイメージで再現する

「正しい左折方法」を無意識に実行できるようになれば、『いいイメージ』で再現できなければなりません。

「正しい左折方法」を「習慣化」できるようになっても、それは技術が身についただけです。

歩行者・自転車・自動車に囲まれた交差点を安全に左折するには、他者との折り合いの付け方が肝心です。

習慣化した技術をいつでも再現できるようになった時に初めて、「正しい左折ができるようになった」と言えるでしょう。

まとめ

正しい左折方法は次の通りです。

正しい左折方法

① 後方確認し減速

② 左合図し進路変更

③ 左折30m手前で左合図

④ 内輪差に注意して左折

⑤ 左折終わりでゆっくり加速

そして、正し左折方法を身につけるポイントは

身につけるポイント

  1. 正しい方法を知る
  2. 「習慣化」するまで意識して実践する
  3. いいイメージで再現する

です。

運転は、ある意味で習慣性のスポーツと同じです。

特別な身体能力がなくても、正しい知識を持って繰り返し練習すれば、運転がだんだん上手になり楽しくなりますよ。

せとぐる
せとぐる
Twitter・Facebookでは最新の記事をお知らせしています。フォローしていただくと最新記事を見逃しませんよ。