コツ

【ペーパードライバー】コンビニ駐車場に安全に入る方法

ママさん
ママさん
車でコンビニに入るのが怖いんですよ

せとぐる
せとぐる
駐車場にはどうやって入ってますか?

ママさん
ママさん
広い道路を右折して入ってます

せとぐる
せとぐる
それは怖いでしょう!

ペーパードライバーからの脱出を応援している「せとぐる」です。

運転はしたいけど、運転に自信がない。

そんなあなたの不安を少しでも減らすことができればと思い、私のこれまでの経験などを書いています。

このブログを読み進めていけば

行ける

ところに行くだけではなくて

行きたい

ところに行けるようになりますよ。

ペーパードライバーから脱出して、ドライブを楽しみましょう。

この記事を書いてる人は こちらから

 

つい立ち寄りたくなるコンビニ

お出かけの途中で、つい立ち寄りたくなるのがコンビニです。

朝はパンとコーヒー

昼はお弁当と午後のスィーツ

夜はビールやおつまみ

予定になくても、ついつい立ち寄ってしまう方が多いのではないでしょうか。

せとぐる
せとぐる
私もついつい立ち寄ります

さて、コンビニに車で行くとき、どうやって駐車場に入っていますか?

ママさん
ママさん
コンビニを見つけたら すぐに曲がりますよ

車でコンビニに立ち寄ろうとして、無頓着に駐車場に入っていると思わぬ危険に遭遇することがあります。

今回は、コンビニの駐車場に安全に入る方法についてお話しします。

コンビニの駐車場で安全に停らめる場所は こちらから

コンビニにはどこから入る?

臆病なドライバー「せとぐる」は、左折でコンビニの駐車場に入るようにしています。

日本中どこに行っても、コンビニを探すことができるようになりました。

繁華街のコンビニならいざ知らす、多くのコンビニは車でくるお客さんのことを考えて、

駐車場

を設けています。

朝・昼・夕はコンビニの利用者が多い時間帯で、道路上も大変混みあう時間です。

通勤や通学のため、車・バイク・自転車・歩行者が、思い思いに行きたい方向に道を急いでいますね。

そんなときコンビニに入ろうとして、

  • 後ろから車が迫ってくる
  • バイクや自転車が横をすり抜ける

など、怖い思いをした経験ありませんか?

道幅の広い幹線通り沿いのコンビニでも、道幅の広くない脇道沿いのコンビニでも、左折でコンビニに入ったほうがいいのはどうしてなんでしょうか。

コンビニに入る方法別のメリットとリスク

大通りから左折

  • メリット 車線が複数あれば後ろの車が避けてくれる
  • リスク  大通りは全体の速度が高く急に減速すると追突される

大通りから右折

  • メリット ほとんどない
  • リスク  対向車が速いので右折するタイミングがとれない

細い道から左折

  • メリット 後ろの車の速度が低いので減速しても追突されにくい
  • リスク  左横をすり抜けようとする二輪車を巻き込む

細い道から右折

  • メリット 対向車の速度が低いのでタイミングがはかりやすい
  • リスク  対向車の横をすり抜けてくる二輪車とのサンキュー事故

歩道を横切る時の注意点

  • 歩道を横切る時は直前で必ず一時停止しなければなりません
  • 歩道上の歩行者自転車に注意しながら徐行で横切りましょう

コンビニに左折で入ります

左後方の確認

コンビニ駐車場の入り口近くになれば、あらかじめ後ろに車がいないかどうか確認しておきましょう。

後ろに車がいることを知っていれば、合図を出したりブレーキを踏んだりするのに、気持ちの上で余裕が生まれます。

特に左後ろには二輪車が隠れていることがあるので注意が必要です。

正しい左折の方法は こちらから

自分の目で確認

安全確認はサイドミラーを有効に使いましょう。しかし、ミラーだけでは見えない部分があるので、しっかり首を振って自分の目でも確認しましょう。

左に寄せる

左のウィンカーを点滅させて車を左に寄せましょう。

「左に寄せると危ないのでは」と考える人がいますが、車の左横に二輪車が入って来られなくなるので、かえって安全になるんです。

正しい車線変更のやり方は こちらから

左折の合図

入り口の約30メートル手前で左にウィンカーを出しながら、ゆっくり減速しましょう。

正しいウィンカーの出し方は こちらから

ゆっくり減速

後ろの車も減速してくれてますか?追突されないためにも、急な減速をしないよう気をつけてください。

仕方なく急ブレーキを踏むときは こちらから

巻き込み事故防止

駐車場に左折で入りましょう。車の左横には二輪車などいないはずですが、念を入れて確認してください。

駐車場の中

駐車場の中から出てくる車がいないこともしっかり確認してください。

より安全なコンビニ内の駐車場所の見つけ方は こちらから

まとめ

安全確認が大切なのは、今の説明でよく分かっていただいたと思います。

車の周囲360°に危険が付きまといますが、ペーパードライバーのうちは確認すべきポイントを少しでも減らしたいですね。

そのために。

細い道から左折で入れば、

  • 対向車
  • 巻き込み事故
  • 歩道上の歩行者

などの安全確認の負担が減るので、安全・安心に駐車場へ入ることができます。

安全確認が一番大切です。

周囲の状況は常に変わります。できるだけこまめに安全確認をしましょう。

 先ずは、確実な左折の方法を身につけましょう。

せとぐる
せとぐる
Twitter・Facebookでは最新の記事をお知らせしています。フォローしていただくと最新記事を見逃しませんよ。