判断する

原因の探り方!【車が動かない】を3分で解決した

ママさん
ママさん
せとぐるさん やっちゃったらしいですね?

 

せとぐる
せとぐる
ギク! ママさん地獄耳ですね

 

ママさん
ママさん
なにがあったんですか?

 

せとぐる
せとぐる
高速道路のサービスエリアで車が動かなくなりました

 

ペーパードライバーからの脱出を応援している「せとぐる」です。

いつもこの場で、安全に楽しく運転する情報をみなさんにお届けしていますが、仕事中に「トラックが動かなくなる」トラブルを起こしてしましました。

さいわい3分で解決できたのですが、その3分間に頭の中を「ぐるぐる」駆け廻った思考を、みなさんにお伝えします。

トラックのエンジンがかからない!

先日、緊急で徳島から愛媛に戻ることになったときの話です。

 

午後予定の仕事が午前中で終わったので、緊急の用件を受けて高速道路で帰ることになりました。

トイレのために「上板サービスエリア」に立ち寄り、トラックのエンジンを切りましたが、この時は何も異常はなかったんです。

 

スッキリした表情で戻ってきた私。

いざトラックのエンジンキーを回したところ、全く反応しません。

せとぐる
せとぐる
んんん?どういうこと?ここまで機嫌よく走りよったやん?

さあ、困りました。時間はありません。

原因を探りましょう。

(注)実際には一人です

簡単な日常点検のやり方は こちらから

原因を探ろう

「車が動かない!」と一言で言っても、その原因はいろいろ考えられます。

車が動かない!その理由

ガス欠

バッテーリー故障

バッテリー以外の部品の故障

操作ミス(シフトレーバーの間違い等)

その他

ガス欠

ガソリン(トラック等は軽油)が不足するとエンジンがかかりません。

出発前に給油をせず、しかも、走行中に燃料計を確認しないと、思わぬところでガス欠になることがあります。

バッテリー故障

(注)実際のバッテリーではありません

「バッテリーあがり」

バッテリーに必要な電気量が残っていないとセルモーターが回りません。

長期間車を動かさず放置していると、バッテーリーの自然放電が原因でバッテリーあがりを起こします。

エンジンを回すことで充電されるので、時々車を動かす方がバッテリーを長持ちさせます。

 

「バッテリーターミナル接触不良」

すべての電気系統に反応がないときは、バッテリーターミナルが外れている可能性があります。

新しい車ならほとんど心配いりませんが、古い車は振動などでターミナルを停めているボルト・バットが緩み、結果はずれてしまうこともあります。

 

「バッテリー寿命」

古いバッテリーは、突然その寿命を迎えることがあります。

バッテリーの寿命は2年~5年くらいと思ってください。

もちろん環境や使い方で違いますし、個体差もあります。

 

「バッテリーの液量不足」

トラックなどでは、日々確認をしています。

最近のバッテリーでは、液補充の必要がないものもあります。

バッテリー以外の部品の故障

「オルタネーターの故障」

車の発電機の役割です。バッテリーが新品でも、これが故障すると電気が作れなくなり、バッテリーが上がります。

 

「セルモーターの故障」

エンジンを始動するための装置です。電気でモーターを回し、エンジンを始動します。電気系統に異常がないのにセルモーターが回らないときは、故障の可能性があります。

 

「ヒューズ切れ」

電気系統の一部が反応して、セルモーターに反応がないときは、ヒューズ切れの可能性もあります。

ご自身の車の取扱説明書で、「ヒューズ」の索引を調べてみてください。

 

「エンジンの故障」

エンジン故障などであれば、もうお手上げですね。

操作ミス

これなら故障じゃないので、すぐに解決ですね。

「シフトレバー位置」

オートマ車のシフトレバーが、PまたはNに入っていないと、キーを回してもエンジンがかかりません。

「ペダル操作」

  • オートマ車の場合ブレーキペダル
  • マニュアル車の場合クラッチペダル

を踏まないままキーを回しても、エンジンがかからないシステムになっているものが多いです。

正しい急ブレーキのかけ方は こちらから

運よく3分で解決

私のトラックの話に戻ります。順番に考えてみました。

 

① 燃料は満タンにしてきたので、燃料切れの心配はありません。

(注)実際のものではありません

② エンジンキーを一つ回すと

ACC

と言って、カーステレオなど電装品を作動させることができますが、それすら反応しないので、バッテリー関係の故障が疑われます。

せとぐる
せとぐる
バッテリーがあがったのかな?

 

③ バッテリーの液量は出発前に見ていたので、心配ありません。

 

④ バッテリー本体は、昨年交換してその後順調でしたから寿命ではありませんし、この日200キロ近く走行した後なので、バッテリーあがりも考えにくいです。

高速道路の上手な合流の仕方は こちらから

 

⑤ そうなると突然電源が入らない原因は

バッテリーターミナルの接触不良

が考えられます。

 

早速バッテリーのターミナルを確認しました。

見た目には問題がなさそうなのですが、念のために電源コードを触ってみるとターミナルの接点がグラグラ動きました。

「これだ!」

わずかですが、緩んでいたのです。

(注)後日撮影した写真です

工具でナット部分を締め直しエンジンキーを回すとと、なんともなかったようにエンジンが始動しました。

せとぐる
せとぐる
これで急用に間に合うよ

高速道路でICを間違えた時の対処法は こちらから

まとめ

トラックのエンジンが突然かからない状態を、運よく3分で解決できました。

今回は運が良かっただけで、もっと大変な事態になっていたかもしれません。

 

エンジンがかからない理由は

  • ガス欠
  • バッテーリー故障
  • バッテリー以外の部品の故障
  • 操作ミス(シフトレーバーの間違い等)

などが考えられます。

一つ一つ確認すると、自分自身で原因を究明できる可能性があります。

 

今回、バッテリーターミナルの接触不良を日常点検で発見できなかったのは、大失敗です。

目視だけで発見することが難しくても、実際に触れば気づいたはずです。

今後はより一層日常点検をしっかり行います。

みなさんもしっかりと日常点検を行いましょう。

もし突然車が動かなくなったとしても、落ち着いて一つ一つの原因を探ってみましょう。

そして、安全にドライブを楽しみましょうね。

せとぐる
せとぐる
Twitter・Facebookでは最新の記事をお知らせしています。フォローしていただくと最新記事を見逃しませんよ。